秀栄建装株式会社の

ホームページは  こちら!

有鹿代表のFacebookページ

お気軽にどうぞ!(^-^)ゝ

 

■関連保有資格

[1級塗装技能士]
[1級塗装技能士]
[1級シーリング防水技能士]
[1級シーリング防水技能士]
[1級ウレタンゴム防水技能士]
[1級ウレタンゴム防水技能士]
[1級合成ゴム防水技能士]
[1級合成ゴム防水技能士]
[1級ウレタンゴム塗膜防水技能士]
[1級ウレタンゴム塗膜防水技能士]
[建築仕上診断技術者]登録証
[建築仕上診断技術者]登録証

NO246 郵便局n・・・

今日も天気が不安定ながら職人を現場に送り出しました。幸い外壁の打診調査がまだだったのでそれをやりに行き、浮いているところにマーキングして、穴をあける、までやってきました。

今回 ピンニング工法です。打診すると躯体とモルタルがくっついてないところ(浮いている)にマーキングして穴をあけ専用ピンを入れて樹脂を注入する。要は樹脂が接着剤の役割をして剥がれ落ちそうなモルタルを止めるという工事。

なんで?そんなことをするの?

コンクリート造の建物は経年の劣化によりクラック(ひび割れ)が入りそこから雨水などが侵入し中の鉄筋を錆びさせる。錆びることで鉄筋が膨張しコンクリートを押しだす格好になり、コンクリート破片が剥がれおち、周りの人、モノに被害を及ぼすので、特に高い建物は気を付けなければならない。ニュースや新聞などよく見たり聞いたりする。バブル期前後ぐらい(15年~22年前)に建てられた建物は特に注意が必要です。この前「建築仕上診断技術者」なる資格があり更新(5年毎)して勉強してきたばかりなので覚えています。

特にコンクリート造の皆様、一度じっくりご自身で家をぐるっとみてみたらいかがでしょうか~みたら怖いかも~(^_^;)