秀栄建装株式会社の

ホームページは  こちら!

有鹿代表のFacebookページ

お気軽にどうぞ!(^-^)ゝ

 

■関連保有資格

[1級塗装技能士]
[1級塗装技能士]
[1級シーリング防水技能士]
[1級シーリング防水技能士]
[1級ウレタンゴム防水技能士]
[1級ウレタンゴム防水技能士]
[1級合成ゴム防水技能士]
[1級合成ゴム防水技能士]
[1級ウレタンゴム塗膜防水技能士]
[1級ウレタンゴム塗膜防水技能士]
[建築仕上診断技術者]登録証
[建築仕上診断技術者]登録証

NO247 晴れ・・・

今日は暖かい一日でした。稲沢市の現場です。先週末に洗浄をかけて内階段だけ塗装をしていた現場です。久しぶりの晴れた日だったので屋根の下塗りを早速しました。

大体みなさんどうですか?

お家のメンテナンスをするときって10年15年って感じで塗装すると思うんです。その時、カラーベストコロニアルの屋根で塗装するとき、塗装3回塗りで提案されるとと思うんですが、だいたい下塗り材は屋根用プライマーか屋根用シーラーで塗ることになります。15年も経ってる屋根材で油分がないところでプライマーやシーラーを塗っても耐久性はよくならずもって5年から8年ぐらいじゃないでしょうか。しかも本当に塗ったかどうかわからない透明色の材料。そこで我々のテーマとして長く持たせるにはどうしたらよいのかを考えると屋根専用下塗り材で厚みをつけて塗ると全然持ちが違うのではないかということでいままでずーとこれでやってきています。1年や2年で塗料が剥げてきただのめくれててきただのと心配する必要がなくなります。ちょっとしたことで違うのに施工業者が利益優先にするとだめだと思います。