秀栄建装株式会社の

ホームページは  こちら!

有鹿代表のFacebookページ

お気軽にどうぞ!(^-^)ゝ

 

■関連保有資格

[1級塗装技能士]
[1級塗装技能士]
[1級シーリング防水技能士]
[1級シーリング防水技能士]
[1級ウレタンゴム防水技能士]
[1級ウレタンゴム防水技能士]
[1級合成ゴム防水技能士]
[1級合成ゴム防水技能士]
[1級ウレタンゴム塗膜防水技能士]
[1級ウレタンゴム塗膜防水技能士]
[建築仕上診断技術者]登録証
[建築仕上診断技術者]登録証

NO270  現地確認・・・

今日は大垣市にあるマンションの現地調査に行ってきました 図面と照らし合わせながら寸法を取りました 

担当者が最近買ったというレーザー測定器を使っていたんですが、どうも様子がおかしい感じ 聞くと

「なんか信用ができん!」

らしいくスケールでも同じところを測ってました(^^) 私が持ってる測定器で測ってみるとスケールとほぼ同じだったので間違いはないと思うんですが慣れてないのかはたまた信用してないのか(^^) 漏水があるということなんで屋上に上がって確認するとゴムシート防水がしてあり、経年の劣化でところどころ切れていてそこから水が入ってる様子でした あと補修跡があったんですが、そこで疑問? 

なぜ補修したとき、脱気筒を入れなかったのかということ 

各防水メーカーの仕様書に脱気筒は70~80㎡に1個はいれなければならないと出ています 役所仕様なのであれなんですが民間でも最低100㎡に1個は入れるべきです 

なぜなら毎日(暑い)(寒い)を繰り返している屋根や屋上はそれだけ痛めつけられているので空気を逃がすことをしないと逃げ場のない空気は弱いところを探し、そして防水層からでてきて漏水につながります なのでわかってる業者は絶対いれます というか入れないとまずいです そこも入れて見積もりを出したいと思います。